R&B【リズム&B級グルメ】 "COCO HOLE WANT WANT!"

jellyb.exblog.jp
ブログトップ

大人のお子様ランチ Aテキ / キングスポート / 意岐部

ギガメシで空腹を満たす事を妄想する。それは、デブ化の予兆だ。ついに隠れダイエッター返上か?

東大阪・ギガメシの筆頭株[キングスポート]には様々なメニューが待ち受ける。周囲のビジネスマンにとって、こちらかチェーン店のうどん屋や回転寿司しか選択肢はないのだ。
年配女性一人客の姿もあるが、割とガッツリいってるに違いない。
懸賞金付きのチャレンジメニューは有るものの、オレには絶対に無理だから、せめてもキャベツのギガ盛りを食べようという訳だ。

「大人のお子様ランチ Aランチ」は、ハンバーグ、海老フライがフィックスで、あとはトンカツかトンテキか選べるのだ。揚げてない分、ライトかなとトンテキを選ぶ。

周りの人がオーダーした普通のメニューがサーブされた後、山盛りのレベルをはるかに超えたキャベツの山がオレの待つカウンターに運ばれ、ギャラリーはざわつく。食べれるのかこいつ的な視線を受けながらも、ペース配分はノープラン。
触りにくいキャベツの山を軽くする事から始めるとするか。
凄いわ。ご飯も少なくないぞ。キャベツにはドレッシングはかけずに・・・。
e0262859_15405283.jpg
↑大人のお子様ランチ・Aランチ(1000円)

完食が目標ではない。綺麗に食べる事で頭が一杯だった。
e0262859_15405257.jpg


キングスポート
東大阪市新家2-1-41 TEL 06-6782-3692
日祝休 / 6:30~14:00 夜は要予約
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-27 15:38 | 洋食 | Comments(0)

和人ら〜めん / 麺屋 和人 / 天王寺

スタジオが空いてたら個人練習するつもりだったが、腹が鳴る。麺類は避けたかったが、天王寺駅スタジオ近くにたまたまか知らないけどプチ行列のできてるラーメン屋[和人]がある。
かずと?わじん?わびと?
これが読めないと「和人ら〜めん」は注文でけまへんがな。
中に入ると券売機があった。良かった。
「チャーシュー麺を食べたくなってもネギ増しと心がけている。塩分を気にしつつキムチはアリ。」と知り合いが言っているのをオレも実践する事に。こちらの店に置かれる取り放題のキムチとポットで出されるお茶には拘りがあるようだ。
e0262859_04261973.jpg

カウンターに引き出しがあり、箸やレンゲにつまようじ、ヘアバンドに加えて香辛料が5種揃えられる。
e0262859_04261994.jpg

やってきた「和人ら〜めん・白ねぎ増し」。
中太麺を啜ると伝わる和テイスト。うどんと駅前の中華そばの真ん中だな。鶏チャーシューは、モモ肉とむね肉の二種だが、それぞれ味付けも異なる。
e0262859_04262010.jpg

白ねぎの細やかなスライスがトップに生む食感はオプショナルではあるが正解だった。
e0262859_1703675.jpg

居心地の良い店である事は間違いない。餃子もジューシーだった。
e0262859_04262139.jpg


麺屋 和人
大阪市天王寺区悲田院町8-11 TEL 06-6771-8110
月曜休 / 11:30〜14:30 17:00〜22:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-24 04:24 | | Comments(0)

まぜのモダン / りんご / 東安堵

e0262859_18355198.jpg

営業情報もなく、何度となく振られていたお好み焼き[りんご]であるが、紫の暖簾がかかっている。

失策を犯した。明らかなオーダーミスだ。
外様故の反応の悪さから「豚・カスのモダン」と言ったものの、「混ぜ?」と訊かれて「ベタで!」と切り返せずにうなずいてしまった。
次から次へと地元民がやってくる。混ぜ焼きを食べる者は居ない。鉄板に広げられた何通りもの生地は全てベタ焼きだ。

またまた次へ課題が残った。次はいつになるのやら。
e0262859_18361034.jpg


お好み焼き りんご
生駒郡安堵町東安堵562-5 TEL 0743-57-3652 .
水・第3木休 / 11:30~15:30
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-23 18:18 | 粉モン | Comments(0)

洋食よくばりプレート / カフェ・プラチナ / 大和郡山

ビートルズ・セッションで13日休肝にピリオド。久しぶりの飲酒は恐る恐る二杯のみ。

アルコール対策で揚げモンにしよう。ヤマトポークのとんかつにハンバーグ、海老フライという布陣の洋食よくばりプレートをオーダーメイド。

思ったよりメガなひと皿になった。
e0262859_18173298.jpg


[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-23 18:15 | 洋食 | Comments(0)

和風ラーメン / もとや食堂 / 京橋

鍋系を食べようと思ってアーケード街を抜けた所にある方の[もとや食堂]へ来てみたがアイデアが浮かばない。
e0262859_02285408.jpg

ふと「もとや達人」の話を思い出した。
Aランチ(530円)の「ごはん+味噌汁」を「和風ラーメン」にチェンジすると50円アップだそうだ。早速やってみた。
黄ぃそばのイメージだったが汁のテイストが少し違う。中華そばとうどんの中庸って感じ。
たまにはこんな揚げ物オンパレードをごはんもビールも無しに平らげるのって新鮮也。知らんけど。
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-23 02:17 | Comments(0)

ちぢとすきみのモダン / たかみや / 大和高田・材木町

「市商」南に位置するお好み焼き店[たかみや]は、たまらん。
今のところ、奈良随一のお気に入りだ。

毎度毎度の定番「ちぢとすきみのモダン焼」を頂いた。
食べながら下で脂がパチパチ弾けている様を見ながら、よりクリスピーさを求めて鉄板の火を消さずに我慢。「煎」という漢字が浮かび上がる。こんがり焼け、かりーっと揚がったような生地になる手前なのだ。
e0262859_17502185.jpg


たかみや
大和高田市材木町5-53 TEL 0745-53-1174
水曜休 / 11:00〜15:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-22 15:03 | 粉モン | Comments(0)

あんかけ太郎セレクション / ままごとや / 心斎橋

心斎橋の某ホテルに宿泊している女優Xと打ち合わせ。近い店なら此処って事で[ままごとや]へ。
おまかせはごめんなさい、食べられない物とかあって・・・と仰るのでひとつひとつ確認しながらオーダーする事に。

まず、造りは伝助穴子。皮を炙って肉厚な身を香ばしく頂く。わさび醤油か、もみじおろしにポン酢か?旨味と甘味が交互に押し寄せる。
e0262859_08013114.jpg
↑伝助穴子の焼霜造り

あんかけフェチは煮物を二種頂く。
福井県大野市上庄地区の里芋は、知っている里芋とはひと味もふた味も違う。ねっとりしっかりくっきり。蟹あんかけに負けはしないよ。
e0262859_08013248.jpg
↑上庄里芋の蟹あんかけ

かつて、浪速の某名門料亭Kの分家S御出身の料理人もいらしたこちらの店には、正統蓮根まんじゅうの流れが息づく。
e0262859_08013242.jpg
↑蓮根まんじゅう

のどぐろを炭火焼きで頂こう。白身のトロとは良く言ったもんだ。
e0262859_08013318.jpg
↑のどぐろの炭火焼き

酢の物は、毛ガニだ。
e0262859_08013304.jpg
↑毛ガニの土佐酢ジュレ

またまた、技有りな一品。寿司なんて食べない人にはこんな海苔巻きを。ヤーバーい・ヤバいヤバい・まじヤバいヤバいバいバーい。
e0262859_08013499.jpg
↑帆立の生雲丹包み揚げ

さて、何を思ったか、浅漬けとサラダの中間のようなキャベツを。
e0262859_08013556.jpg
↑キャベツサラダ

キャベツには揚げ物だ。
たまに食べたいこんな味。合わせ一本だとも。
e0262859_08013540.jpg
↑ブルーチーズのクリームコロッケ

ままごとや
大阪市中央区西心斎橋1-10-4 エースビル5F TEL 06-6121-5077
日祝休 / 17:00〜23:00(土曜; 〜22:30)


[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-19 07:59 | 和食 | Comments(0)

アボカドとツナ、オリーブのグリーンパンケーキ / バター ボタニカル ベーカリー カフェ / 江坂

「パンケーキならバター」と呪文のように口走る婦女子達。パンケーキなんて何処で食べようが同じだぜなんて口走ればスイーツ音痴の烙印を押されてしまう。透明人間になった気分でガールズトークならぬレディーストークに交ぜてもらい、パワーの源泉を垣間見るのだ。

ノーマルなパンケーキなら付き合いますと参席したのだが、メニューから選んだのは「アボカドとツナ、オリーブのグリーンパンケーキ」。
バジルとナッツのソースだなんて。
e0262859_18414009.jpg

ほうれん草を混ぜ込んだ生地とサラダ仕立てな外見は、惣菜系パンケーキには違いない。ほうれん草が感じられず中途半端さは否めない。
e0262859_18414049.jpg

「モロカンミントティー」が運んでくるサハラの呪文。かつてはフランス統治下にあって欧州で影響を受けたモロッコのインテリアに関心があったっけな。
e0262859_18414107.jpg


Butter Botanical Bakery Cafe 江坂(バター ボタニカル ベーカリーカフェ 江坂)
吹田市豊津町2-9 TEL 06-6170-1634
無休 / 11:00~20:30(金土; 11:00〜21:30 ベーカリーは08:00〜)
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-18 06:40 | その他飲食ネタ | Comments(0)

泡立つ鶏と醤油 / 中華蕎麦 葛 / 阿波座

e0262859_17280643.jpg

小雨の中にもかかわらず、店外に行列ができる。人気店なら当たり前か。雨に感謝かも知れない。
四日ほど前に情報交換した友人が「おおワレ、西区ナンバーワンのラーメン屋の名前も知らんのけ?」と余りにバカにしてきたので、九信壱疑でなにわ筋の中央大通り南側にある[中華蕎麦 葛]へ遠征した次第。メニューも知らずに券売機の前に。
e0262859_17280775.jpg

「出し蕎麦」と「あわい蕎麦」がメインらしい。塩系よりも醤油が効いてそうな「出し蕎麦」のトッピングを「上」で。

何晒すのや?美しいやないか。美味そうやないか。
e0262859_17280737.jpg
↑出し蕎麦・上(700円)

いやあ、醤油のかえしが凄いんちゃう?レアチャーシューで麺を挟んで食べたら極上やな。

エスプーマと一体化したそれは、行列に並ぶ事二度しか知らないが[●つ葉]を思い出す。あちらはココだけの話、鼻に抜けるあと味の悪さからあまり評価していないのだが、まずビジュアルでもこちらに分がある。聞くところによると技術提携はされたらしく友好関係が窺えるのだが、それはブレンダーを用いた出し方などであるかと思うので、あと味云々の杞憂はこちらには感じられない。
e0262859_17280859.jpg


中華蕎麦 葛
大阪市西区阿波座1-12-21
日祝休 / 11:00~16:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-17 18:27 | | Comments(0)

なにわの味噌カツや! / 喜多呂 / 天神橋筋7丁目

さあ、エロとんに行こうか。

名古屋に行けば、人からどう言われようと[叶]か[御幸亭]で味噌カツを食べているオレが大阪で[矢場とん]に行けるかって・・・?答えはエロとんにあり。
大阪には天七まで行けば、白みそのとんかつがありまっせ!

[喜多呂]は仕入れに拘ったバリバリの特選ロースとんかつや本場を凌ぐ福井風ソースカツではないのだ。
この「みそかつ定食。」白みそを挟み込んだトンカツであり八丁味噌に浸すトンカツではない。白みそがブチューっと出てくるがサクサクの衣と相まってアイデア的にも味覚的にも名古屋人がびっくらこきそうな、ワンアンドオンリーのトンカツ界の至宝であるとは言い過ぎか。
e0262859_121085.jpg
↑みそとんかつ定食(1700円)


喜多呂
大阪市北区本庄東2-15-4 TEL 06-6375-8596
日曜休 / 11:00~15:00 17:00~21:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-17 11:57 | 牛肉・豚肉・鶏肉 | Comments(0)

ホタテパワーだよ。 / シナジー / 北新地

時間が無い時には、[シナジー]のカウンターへ急ぐ。

今週の「北海道産ホタテキーマ」や「ホロホロチキンカリー」、「桜カリー」の三種の愛がけだ。

Facebookによるとホタテキーマは、ビーツ葉&コールラビサブジ、スナップえんどう、パクチーワカモレ、金糸瓜・南瓜・金柑、紅くるり大根、紅芯大根といった顔ぶれだ。
猛スピードで食べたが、花椒の爽やかさも感じられ、単なるシャバシャバカリーとはひと味もふた味も違うひと皿なり。肝心のホタテキーマがボヤけた事から学んだのはあいがけ至上主義からの脱却だ。

でもそのホタテ。含まれるタウリンは魚介類の中でも屈指であると言う。毎日一個食べるだけで●ポビタンDなんか要らないんだとか。
また、カキほどではなくても亜鉛を含み、絶倫な身体の一部を形成すると聞く。ビール酵母Zあたりと併用すれば、ふた回りも歳下のタフな女のコも怖くないと仲の良い絶倫研究家が言っていたような。
e0262859_12334358.jpg
↑三種愛がけ・ライス小(1000円)

時間無いからお口直しのヨーグルト無しが続いているな。
ま、蜂蜜は苦手だし。

シナジー(Synergy)
大阪市北区堂島1-5-35 堂島レジャービル2F
土日祝休 / 11:30~14:00 ( 品切れまで)

[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-17 11:56 | カレー | Comments(0)

1200円の中華登山 / 新京 / 天神橋筋7

e0262859_17422169.jpg

美容外科医でもないのに、人と会えばまずは整形してないだろうかと考えてしまう。周りにもひそかに整形人は居るには居るが、さすがにサイボーグレベルではないな。ヘタに整形してると可哀想になってしまうやん。でもやり過ぎた人ってもう後戻りできないのだろうか。どんどん手を加えてしまうようだ。近隣諸国で安くあげるのか分からないけど。

さて、ガツメシ気分になると体脂肪率上昇の危険信号だ。こんな店に行きたいと思う事自体おかしいよな。天神橋筋六丁目駅から阪急電車が地上に出て高架になった辺りに自販機が光る。酒屋かと思いきや中華[新京]だ。狙いは一番のボリュームを誇る「新京定食」だ。
e0262859_11561776.jpg

「新京定食」恐るべし。
これが1200円だという事にまさに驚き桃の木山椒の木だ。とにかくゴツい。まずはラーメンが入りそうな鉢に玉子スープが運ばれてくる。これは他の定食類に付いてるスープとはサイズが違っている。まずはこれを見せておいて威嚇という訳だな。
ほどなく残りがやってくる。酢豚と八宝菜のふた品はそれぞれ約一人前のボリュームだ。大きな鶏唐揚げ2個と小エビフライ2個にキャベツサラダ、焼売2個、そして玉子焼きだ。ダイエッターには絶対に向かない。
ビールが飲みたくなるところを我慢できたのだ。
e0262859_11561875.jpg
↑新京定食(1200円)

新京
大阪市北区天神橋7-14-16 TEL 06-6356-6331
無休 / 11:00〜29:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-17 11:53 | 中国料理 | Comments(0)

ブーダンノワール / 大西亭 / 野田

東大寺・修二会では籠たいまつが灯されていただろうな。あっという間に流れていった数十数回目の誕生日。人に貸していた家の整理に立ち会ったり、あべのの某商業施設に設置してもらったパネルの撤去にも行かねばならず、なかなか自分の時間が作れず仕舞い。

某ラジオ局でパーソナリティを務める同期に3ヶ月遅れのアラカン仲間入りの祝いにと連れて頂いたのは再移転後、ランチしか行けてなかった[大西亭]だった。僕の食の好みをとにかく知ってる人らしく、プリフィクスの内容も知った上でガッツリビストロを予約いただいたようで、俄然テンションが上がる。人に御馳走になった料理は載せたくない主義だが、アップしろと言わんばかりなので頼りない記憶を辿っている次第。

アミューズをかじる。ピエアングロワみたいなチーズがサラミとレーズンに橋渡し。
e0262859_11365741.jpg

続いては、そのポーションに覚悟はできていた前菜盛り合わせ。少食ならコレだけで満腹感が襲ってくるぞ。焼きサワラのブランダード、鴨のアバのリヨネーズ、仔羊のローストか・・・大西さん、間違っていたらごめんなさい。
フランス武者修行に向けて語学研修中の身。カナールにアニョーと覚えたての言葉を思い出す。
e0262859_18110826.jpg

さあ、メインはバスク豚のブーダンノワールだ。野趣溢れる料理、みなぎる血潮、躍る肉・・・。
猥褻物陳列ではないので悪しからず。付け合わせのサツマイモを食べるとオレに別腹など無い状態に。
e0262859_23052083.jpg
↑フランスピエールオテイザのバスク豚ブーダンノワール

という流れでデザートは同バラ。読めるプディングに来てしまうね。
e0262859_23052089.jpg
↑ミルクティープディング

ビストロウォッチャーとしては食べたい料理があるのでまた今月中に来るぜ。

大西亭
大阪市福島区鷺洲1-9-18  TEL 06-6451-0740
月曜・第3日曜定休 / 12:00〜13:30 18:00〜21:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-14 18:10 | 仏蘭西料理 | Comments(0)

ファット麺 / とりそばモリゾー / 江戸堀

江戸堀界隈のラーメン業界は、神虎系列の座銀のひとり勝ちかと思いきや[とりそば モリゾー]の麺もお試しあれとの事。
「特選鶏そば」でなくとも、全粒粉の芳ばしさと中国東北地方で見かける春雨のように半透明ではないが幅太く、存在感はフェットチーネ並みの平打ち麺が楽しめる。キレのある醤油に外連味の無い鶏のエキスが広がる。鋭いペッパーとまろ味を与える脂が織りなす旨味は麺との相性が良ろしい。
e0262859_17270785.jpg
↑特選鶏そば (1000円)
e0262859_17270832.jpg


とりそばモリゾー
大阪市西区江戸堀1-15-16 TEL 06-6448-2777
日祝休 / 11:30〜14:30 18:00〜21:00(土曜; 11:00〜15:00)
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-13 17:26 | | Comments(0)

犬連れ道連れ珍道中 / ラ・ペントラ / 今福鶴見

犬を連れているんです。そんな貴婦人をランチに誘ってしまった。
頭が言う事をきかない。堀江にあったっけ?いや待てよ。
犬連れの主婦が複数居た店が、確か今福鶴見の交差点北西ブロックにあったはずだ。石窯も置いていたからイタリアンだろうよ。検索したら見つかったのは[ラ・ペントラ]。

【ワンちゃん入店条件】
狂犬病予防接種など、接種済みのであること
発情期のワンちゃんの入店は、お控えください。
他の犬、人間に対して危害を加えないこと
無駄吠えのしつけができていること
リード着用
マナーベルトの着用
おトイレを済ませていること

あったあった。今日は定休日でもない。レッツゴー!

しかし甘えん坊と聞く。ママがお手洗いに立とうものなら「クイーンクイーン」って鳴かないか心配だ。事前にリードを持たせてもらう。か細い声で鳴く。鳴くというより泣く感じだ。しかし徐々にハートを掴みつつある。頑張れオレ。

ピッツァランチにサラダバーとドリンクバーを付ける。サラダの写真どころではない。
メニューも記憶にない。このボンゴレ・マルゲリータみたいなピッツァは何だったかなあ。でも具沢山で美味しく頂けた。
e0262859_17260340.jpg


後ろから抱いてみる。おお、いける。いい子いい子・・・。
e0262859_17260346.jpg


関係ないが、オレは意外と可愛いものが好きなのだ。メリーソート社やシュタイフ社のテディベアも見分けられるほどの“ややマニア”である。
e0262859_09084008.jpg
↑とある場所に見つけた英独クマちゃん達(左と右前がシュタイフ社、右と左前がメリーソート社であろう・・・)

ラ・ペントラ
大阪市城東区今福東2-9-22 TEL 06-6786-4654
不定休 / 11:30~14:30 17:00~22:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-13 17:21 | 伊太利亜料理 | Comments(0)

焼魚食べたさに / 竜田屋 / 難波なんさん通り

昔々、道路の白線引きのアルバイトをしていた頃、目上の肉体労働者達は好んで一膳飯屋に入り、一回のメシに2000円近い金を払う。学生のオレには500円ですら躊躇ったのにである。
特に繁華街の一膳飯屋の使い方はここ三十余年来、全く謎である。
要するにこちらの[竜田屋]でも酒の肴価格であり、小鉢を二つに粕汁とご飯小で1000円は超えるシステムなのだ。そうと知っておきながら財布に2000円有れば、それを少々安くあげるぞと意気込んで入ってしまう。
外食チェーンの定食屋ならば、見た目で高く見積もっても750円っていうところか。しかしながら焼き魚だけで600円という周囲の居酒屋も驚く勘定のため、2000円弱出せば貴方の好きな大西亭なんかでガッツリいけますよって事になるのだ。
e0262859_17212510.jpg
↑都合1700円

新地の何処ぞに行けるやんってか?

竜田屋
大阪市中央区難波千日前11-24   TEL 06-6632-4788
無休 / 9:00~25:30
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-13 17:20 | その他飲食ネタ | Comments(0)

伊予柑ビーフ / 和印食堂 グーテ / 福島

e0262859_14081799.jpg

なぜか岡村靖幸の歌を口ずさんでいた。

そんなに言うなら今から実際ここで
アイシャドーが剥がれるぐらいに泣き続けてよ
サイダーの様です 愛がこぼれ落ちる様は

1988年のアルバムだったか。1日一回、必ず岡村靖幸の事を考えるほど真似できない奴の才能が気になる。

[グーテ]行こか。
「ダルトリトンキーマ&伊予柑ビーフ」のあいがけを。
基本はあいがけ。ダルトリトンキーマにも慣れ親しんだために、もう一方にフォーカスされるのだ。最初は伊予柑ピールにも読めた伊予柑ビーフね。訳わからないけどそれにしよう。
左を占めるビーフの甘味と酸味に伊予柑由来のものがあるにはあるけれど、それは伊予柑の特徴の無さを象徴するかの如し。
個人的には金柑の方が良かったりする。
しかしオレはスリランカやインド料理ではマトン好きを装いつつも基本はビーフが好きなんだなあ。愛肉主義まっしぐら。
e0262859_17204530.jpg

週替わりのカレーを見てから決まる。
チョウクや三くや入ルや小僧やらに漂流する余地を与えないでくれ。
e0262859_17204641.jpg


和印食堂 gu-te(グーテ)
大阪市福島区福島3-8-10 TEL 06-4256-7715
日祝休 / 11:30~15:30 18:00~22:00(土曜11:30~20:00)
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-13 17:19 | カレー | Comments(0)

誕生日プレゼント

e0262859_10463117.jpg

20年以上も前の話、複数のスズメバチに刺された。アナフィラキシー・ショックの前では極めて無力になっている自分の健康を考えると、余生はスズメバチは勿論、蜜蜂やアシナガバチに刺されただけで絶命するであろうと診断されている。できれば蜂の居ないところで過ごしたいなあと思うが、そうは行かない。死に恐怖はないけれど蜂のひと刺しに倒されるのは本意ではない。そんな矛盾話を後輩に聞いていただいた。そしてお互いに孤立感を感じ始めている親戚の中での立ち位置についても語り合った。
そして家を建てようとして動いている話もした。

誕生日に際し、自分にプレゼントとして贈ったのは、オフタイムを好きに生きるためのワードローブ。
まずスタジオダルチザンの阿波蓼正藍のジージャン初回の物。同じ蓼正藍のジーンズの方も、フラッシャー付きの初期のデッドストックをマニアの方から安く譲って頂き、これが都合5着目となった。格好のセットアップ。
それと見かける事が少なくなってきた英国製ドクターマーチンのピンク。靴を基準にコーディネートを考えると、グンと大人の着こなしになりそうだ。
e0262859_10463164.jpg


e0262859_10463246.jpg

それと尊敬に値する後輩から頂いたシャツを着てみた。
e0262859_02570309.jpg

[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-12 23:30 | ワードロープ | Comments(0)

なにわ黒牛マクラ / ましか / 江戸堀

先月は第三月曜の定休日に見事フラれた。
リベンジを図る。外に面したテラス席(よく言えばの話)には、小さなテーブルが。料理は二つしか頼めないな。
ビニール扉が開くたびに冷気が入る。
ノンアルコールビールしか飲めない修行期間真っ盛りなのだが、赤ワインを呼ぶようなメニューの数々にもし何とも思わないならば、真の似非下戸を名乗り出るとしよう。
今夜のテーマは、「肉々しく野菜も忘れず」と掲げるとしよう。

まずは魚。サバのきずしよりは「ブリのカルパッチョ」か。コレでキリンフリーだなんて本来、オレの辞書には無いのだが。
雪下人参由来の甘さに何かを加えた収まりの良いソースが炙りブリに彩りを添える。
e0262859_12512385.jpg
↑ブリのカルパッチョ 雪下人参のソース

「もち豚のパテ」も初回オーダーに食い込む。
e0262859_12512378.jpg
↑軽く燻製したもち豚のパテ

さて、ふた皿が片付いたならトマト系を。
「ホルモンと豆のトマト煮込み」だ。
e0262859_19091742.jpg
↑なにわ黒牛ホルモンと豆のトマト煮込み

「ウチヒラの炭火焼」は、大好きなマクラだ。
硬い肉質なのは仕方ない。肉汁が滴るレアを噛む。
お味の方は、牛肉の中の牛肉だ。一方で、肉匠おか元で出されるマクラの肉質そのものと包丁仕事の偉大さにも気づかされる。
e0262859_12512598.jpg
↑なにわ黒牛ウチヒラの炭火焼

「ひとくちミンチカツ」はソースがついていないなら塩で食べただろうが、半分に割り、まずひと口。ミンチに潜む肉々しさを感じながら、野菜サラダの気分にさせられる。
e0262859_19091809.jpg
↑なにわ黒牛のひとくちミンチカツ

「無農薬野菜サラダ」で〆る。
e0262859_12512665.jpg
↑ポムドテールさんの美味しい無農薬やさいサラダ

食)ましか
大阪市西区江戸堀1-19-15 TEL 06-6443-0148
日祝第三月曜休 / 11:30~15:30 17:00~23:00(土曜; 17:00~23:00)
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-08 11:30 | 伊太利亜料理 | Comments(0)

法要の御斎 / いち由 / 奈良町

奈良が誇る[つる由]に12人の予約を入れようとしたら、姉妹店の[いち由]で確保できた。
朝から大忙しの法要の施主。ゆっくりほっこりできたかいな・・・。
親族ウケはよかったようだ。
e0262859_18475157.jpg

e0262859_18475286.jpg

e0262859_18475304.jpg

e0262859_18475335.jpg

e0262859_18475464.jpg

e0262859_18475471.jpg

e0262859_18475566.jpg

e0262859_18475681.jpg

e0262859_18475699.jpg

e0262859_18475704.jpg



いち由
奈良市南中町1
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-07 18:44 | 和食 | Comments(0)

映画祭の弁当 / 喜多呂 / 天神橋筋7丁目

おおさかシネフェスティバルの手伝いでホテル・エルセラーンへ。急遽タレントのアテンドをする事になり、新大阪駅へ出迎えに行き、ジャンタクに同乗する。
なんやかんやで昼メシタイム。
控え室にある弁当を見て驚く。
「喜多呂やん!」
e0262859_18443525.jpg

喜多呂らしいソースカツに海老フライにコロッケという揚げ物以上にご飯ものが目立つ。
野菜も豊富でバランスもなかなかのもの。
e0262859_18443674.jpg


[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-07 18:43 | その他飲食ネタ | Comments(0)

広東焼売 / 吉林菜館 / 大阪・九条新道

九条新道[吉林菜館]の登録商標であり、この店の水餃子に次ぐ人気メニューでもある「X.O.丼」を某リージョナル誌の丼特集の取材で広めた事がある割には長年にわたり、その丼を食べていない。その代わりに冷奴のトップにX.O.的な具材が乗っかる「X.O.豆腐」をこよなく愛している。
e0262859_18401581.jpg

次に頼んだ「野菜炒め」が出てきたら、同行者が浮かぬ顔をしている。あっ、そうか。何よりもピーマンが苦手としている事を思い出した。

e0262859_18401697.jpg

この野菜炒めに含まれるピーマンはこんな感じ。
ピーマンだけ食べるのもなかなか乙なもの。
e0262859_18401778.jpg

さあ、こちらのキラーディッシュである「水餃子」だ。言葉はもう要らない。これがスタンダードになっているだけに過度な賛辞は今さらって感じだ。しかしながら、透けて見える肉々しさだけではなく、皮のモチモチ感といい、絶妙な味付けにおいてもオレのスタンダードだ。
e0262859_18401738.jpg

ポピュラーな水餃子は前から知っているが、こちらの椎茸香る「広東焼売」はめっけもんだった。
e0262859_18401886.jpg


吉林菜館
大阪市西区千代崎2-7-12 TEL 06-6582-4661
水曜休 / 11:30~14:30 17:00~22:30 (日祝; 11:30~22:00)

[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-07 18:38 | 中国料理 | Comments(0)

油淋鶏ランチ / ザイロン / 北新地

e0262859_10511571.jpg

WASHBURNのPaul McCartneyモデルが飾られた店内。料理長のビートルズ愛がわかる人にだけ、さりげなく伝わる。
近所のホテルでのイベント打ち合わせの帰りに寄ってしまった昼間の[ザイロン]。
メインは「油淋鶏」。
まずは前菜盛り合わせ。ランチでも前菜と言うんだろうなあ。中華オムレツにイカチリにポテサラと野菜がワンプレートに。厨房では鶏肉を揚げる音が。
e0262859_18332629.jpg

熱々のコーンスープに続いてひと口サイズにカットされて非常に食べやすい油淋鶏が。積み上げられて見た目以上に食べ応えがある。
e0262859_18332608.jpg

クリーミーで他のようにゼリー感がない芳醇な杏仁豆腐をジャスミン茶と頂く。
e0262859_18332716.jpg

しめて1000円也。

中華ダイニング ザイロン
大阪市北区堂島1-4-7 堂浜アネックスビル2F TEL 06-4796-6477
土日祝休 / 11:30〜14:00 18:00〜23:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-07 18:32 | 中国料理 | Comments(0)

ひな祭り / ひなせ / 南森町

日生の[タマちゃん]のカキオコを超えるお好み焼きは無いとのたまう。だからひな祭りの日にせっかく大阪の日生、南森町の[ひなせ]に来たが、牡蠣は食べてもカキオコはやめとこ。

出た順におさらい。まず牡蠣はいきなりフライで。美味い。日生?坂越?やっぱ日生。
e0262859_17393638.jpg
↑牡蠣フライ(1000円)

やわらかい鶏だけが美味しい鶏じゃない。わかりるー?
e0262859_17393721.jpg
↑宮崎炭焼き地鶏(650円)

また牡蠣。今度は酒蒸しで。これはこの店の看板のひとつとも言える味覚だ。美味い牡蠣は生より酒蒸しかもな。酒を呼ぶが残念ながら禁酒中。
e0262859_17393701.jpg
↑牡蠣の酒蒸し(1200円)

めんたい天は村田蒲鉾店謹製かな?薄いんだけど明太子特有のプチプチ感があり、強すぎない辛さがいいね。
e0262859_17393867.jpg
↑萩のめんたい天(450円)

やはりソースの口。カキオコではなくとん平焼きで〆る天邪鬼。
e0262859_17393962.jpg
↑とん平焼き・小(450円)

ひなせ
大阪市北区紅梅町2-25 TEL 06-6357-0900
日祝休 / 17:30~22:00
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-04 05:36 | 和食 | Comments(0)

シルバー塩麹漬け / 酒饌亭 灘菊 / 姫路

e0262859_18472014.jpg

町興しグルメとしてポピュラーになった感のある姫路おでんを肴に、灘菊を飲みに姫路駅からアーケード商店街を北上すぐの右側で河童の置物が呼んでいる。灘菊酒造直営おでん居酒屋だ。早めの時間に閉まるのが、遠方客には嬉しい!

オレは俗に言う生姜醤油の姫路おでんよりも酒粕の白おでん派なので、まずは「大串白おでん」。
大串に刺さった酒粕料理を楽しんだら「塩麹漬け焼魚」で灘菊を飲るパターンは確立されている。

「大串白おでん」は先から牛すじ、玉子、厚揚げ、こんにゃく、ごぼ天。
すじの赤身が口の中で解れ、「カッパやアメスジは焼くものだがアキレス共々煮ても良し」と白い部位の美味さにも納得だ。
e0262859_18472167.jpg
↑大串白おでん

この塩麹漬け焼魚は見た目は大したことが無いが、風味、香りとも魚がシルバーであろうと鯛と変わらないほど、繊維質からもコクがら感じられる。今更だが酒造直営の塩麹テクニック、おそるべし。
e0262859_18472228.jpg
↑塩麹漬けシルバー

こちらの店で「黒おでん」と呼ぶ方が姫路おでんと呼ばれるものだ。生姜醤油で食べると美味いネタも確かにあってロールキャベツは、生姜醤油おでんで食べたくなる。欲張ってダブル!
生姜醤油がしみるだけで甘さが引き立つ。
e0262859_18472263.jpg

〆は、「酒盗チーズ」だ。発酵食品・ラブ。
e0262859_18472353.jpg


酒饌亭 灘菊 かっぱ
姫路市東駅前町58 TEL 079-221-3573
第2・3水休 / 11:30~20:30(日祝; 11:30~19:30)
[PR]
# by jelly_b_koh | 2017-03-03 18:44 | 居酒屋 | Comments(0)